お子様の歯のお悩み・メンテナンスご相談ください

歯牙移植

親知らずやかみ合わせ時に必要のない歯を移植する治療方法

※使用可能な歯があり、さらに植える場所の条件が整っている場合の方法です。

移植した例
親知らずを欠損部へ移植

患者さまのお口使っていない親知らずを、すぐ前の欠損部へ移植しました。術後3年半、問題なく経過しています。
こういった歯の活用を行い、しっかりとご自身の歯で噛めることを考えると、親知らずだからと言って全て抜歯してしまうだけが選択肢ではないと考えられます。

リスク:疼痛・出血・抜歯時に伴う痛みなど
費用:保険適応(症状やケースに応じて)

移植した例
使っていない歯を移植

一番奥の歯は反対側の奥歯を移植し、前の歯は矯正で引っ張り上げて機能させています。
このように、歯牙移植と矯正治療を組み合わせた治療により、口腔内の機能を回復させていく治療も可能です。

リスク:疼痛・出血・抜歯時・歯を動かす際に伴う痛みなど
費用:複合的治療のため要相談

歯牙再植

一度抜いた歯を戻す治療方法

一度抜歯して、病巣部をきれいにかきだして、再び歯を戻す方法です。 あくまでも第一選択は根っこの治療ですが、どうしても治療経過が思わしくないときに効果を発揮することがあります。

移植した例
使っていない歯を移植

根っこの先の病巣がひどく、歯牙再植に踏み切りました。
本来ならば奥歯2本がインプラントになるところですが、再植することで最小限の治療で終えることができました。

歯を引き上げたり、
周りを削って残す

歯を引き上げたり、周りを削って残す治療方法

歯をひっぱりだしたり、むし歯の上に覆いかぶさっている歯ぐきなどを削ることによって、むし歯を治療し、歯を残す方法です。
根っこが割れてしまっている場合にも条件が整えば効果を発揮することがあります。

  • 移植した例
    抜歯ではなく、歯を残す治療を

    交通事故で3本の前歯を折って来院されました。
    歯は折れてしまい、歯ぐきの中までめり込んだ状態で、なかには骨の中まで割れているものも。抜歯ももちろん考慮しましたが、ご本人の強い希望もあり、なんとかして残す方向で処置を進めることになりました。

  • 残った歯を動かしていく

    フックを装着し、ゴムを使って引っ張り上げていきます。
    実際に、治療開始時に比べると徐々にフックの位置が変わってきていることがわかります。

  • 前歯を装着し治療完了

    ついてきた歯ぐきや骨を外科的に調整して、最終的に前歯を装着しています。
    患者さまのご要望にあわせてさらに見た目を整えることも可能です。

    ※このような処置は大きく進行してしまったむし歯にも応用が可能です。
    歯を残すために、一緒に相談から治療まで進めさせていただきます。

    リスク:疼痛・出血・歯を動かす際に伴う痛みなど
    費用:複合的治療のため要相談