DENTURE

入れ歯

ぴったりフィットで、快適な食事を

入れ歯とは

歯を失った場合でも、入れ歯・義歯を装着することで噛むことや話すことなど、お口の機能を回復することができます。入れ歯・義歯には保険適用ものと適用外のものがあり、適用外(自費)のものは装着感や審美性で優位性があります。患者さまの症状やご希望により、適切な治療法を提案させていただきます。

保険適用の入れ歯と比較すると・・・

保険適用の部分入れ歯

【金属の留め具が有る】
入れ歯を固定させるためのクラスプといわれる留め金があります。金属部分が非常に目立つので見た目があまり良くありません。また、歯を締め付ける感覚もあります。
【アクリルレジン製】
硬いプラスチック系樹脂でできています。そのため、衝撃に弱く、使っている間に割れる可能性もあります。

ノンクラスプデンチャー(自費の部分義歯)

【金属の留め具が無い】
金属の留め金は用いず、見た目がとても自然です。
歯としっかりフィットするため装着感にも優れています。
【スーパーポリアミド製】
弾力性のある特殊ナイロン系樹脂でできています。
この素材は、衝撃に強く、とても軽い素材です。

義歯についての
料金表はこちら

TREATMENT GUIDANCE

治療案内

目立たない入れ歯 
ノンクラスプデンチャー

ノンスクラプデンチャーとは、バネが無い、新素材の入れ歯のこと。従来の部分入れ歯から、“クラスプ”といわれる金属のバネをなくしたもので、つけているのがわからないぐらい自然で美しく、付け心地も良い新世代の入れ歯です。
当クリニックが採用しているのは、品質と技術に徹底的にこだわった最高レベルのノンクラスプ義歯です。

ノンスクラプデンチャーの特徴

  • 装着時に、とても自然で美しい!
  • 違和感がなく、付け心地がとても良い!
  • 薄くて、軽量!

ご使用中の入れ歯で不自由はありませんか?
よりフィットし、快適なシリコンデンチャー

  • 何度作り直しても、装着時の痛みがとれない。
  • 食べ物を噛み砕くときに、ハグキに痛みを感じる。
  • 話をしていると、不意に外れる。

などのお悩みはありませんか?
従来の入れ歯は、歯ぐきに触れる部分がプラスチック(レジン)もしくは金属でしたが、シリコンデンチャーでは歯ぐきに触れる部分に生体用シリコン(軟らかい素材)を使用。そのため、当然ながら軟らかい歯ぐきにやさしく、抜群のフィット感を得られます。
また、歯ぐきや残っている歯との間に隙間ができにくく、痛みの原因となる食べカスが入りにくいという利点も。
万一、歯ぐきの状態が変化して、入れ歯が合わなくなったとしても、バイオシリコンの部分だけの張替えも可能です。

メリット

  • 生体用シリコンは無味無臭で、口の中の粘膜や粘膜下組織に優しい素材です。
  • シリコンを使っているので、精度がよくぴったりフィットします。
  • クッション効果により、従来よりも硬いものが噛めます。
  • 使い続けても、柔らかさは持続します。
  • バイオシリコンで残っている歯を守ります。

プカプカ浮き上がってきませんか 
インプラントデンチャー

歯が少なくなり、どうしても入れ歯が安定しない場合は、インプラントを最小限適用して、安定させることも可能です。
写真の方の場合は、ホックのような材料を採用。
パチッと差し込む方法で装着するので、維持力が大きく増しました。
入れ歯を安定化させることで、しっかり噛めるというメリットもあります。

インプラント義歯

できるだけ残った歯を利用する
根面キャップ

根面にキャップをかぶせて入れ歯に取り込んでいくことで、入れ歯の安定度を増すことが可能です。
歯周病などで歯がグラグラになっていたとしても、様々な治療法がございますので、ご相談ください。

施工例

リスク:疼痛・咬合時痛・冷水痛・出血・歯ぐきへの損傷
費用 :歯数に応じて異なるため、応相談

しっかり噛みたい方へ 
オーバーデンチャー

左の写真は、歯周病が進んで、どんどん歯が抜けていっている状態です。
この方は、歯を短くし、金属のキャップの上に特殊な入れ歯を装着。
これにより、快適にお食事ができるようになりました。

施工前後

リスク:疼痛・咬合時痛・冷水痛・出血・歯ぐきへの損傷
費用 :歯数に応じて異なるため、応相談

当院の入れ歯治療はこんな方におすすめです。

  • パッと見て入れ歯だと
    気づかれたくない

  • 今ある入れ歯が外れやすい、
    噛みにくい、痛い

  • 金属のバネが気になって大きく
    口を開けて笑えない

入れ歯を装着して痛みを感じる場合は入れ歯の形が適切でなかったり、 噛み合わせがあっていないことが原因です。
当院では患者様の現在の状況をしっかりとお伺してから 最適な治療をご提案させていただきます。
「入れ歯にして今まで通りすごせるかな?」
「痛くないかな?」
「今ある歯を抜かなければいけないのかな?」
など色々なご不安があるかと思いますが、安心してご相談ください。

義歯についての
料金表はこちら