IMPLANT

インプラント

インプラント治療

インプラントとは、人工歯根のこと。
むし歯や歯肉の病気、あるいは怪我などで失った歯のかわりに、
人工の歯根(しこん)を埋め込み、人工の歯をつける治療方法です。

メリット

  • 自然の歯に近い美しさと噛み心地が得られます。
  • 自信を持って笑って、食べて、発音することができます。
  • 動かないので、抜群の安定感があります。
  • 隣接する歯を削る必要がなく、健康な歯に負担がかかりません。

デメリット

  • 外科治療が必要で、治療期間がかかる。
  • あごの骨の条件が悪い場合、別の治療が必要になる。
  • 保険適用外なので治療費が高い。
  • こまめな手入れが必要なので、メンテナンスの必要がある。

歯を失った際の他の治療方法との比較

欠損した歯を人口の歯で補う治療を欠損補綴治療といい、その種類はインプラントを含め大きく分けて3種類あります。

これらにはそれぞれ特徴(メリット・デメリット)があります。
当院ではこれらの欠損補綴治療をすべて取り揃えておりますので、しっかりと患者様の口腔内の状態やご希望をお聞きし、相談したうえで治療提案を行わせていただきます。
それぞれの治療方法のメリットとデメリットは以下の通りになります。

  • ブリッジ

    【メリット】
    材質によっては保険適応での治療が可能である。
    セラミックなどを使用すると自然の歯に近い美しさを得られる。
    治療期間にそこまで長い期間を要しない。
    咀嚼能力(噛める力)をそれなりに維持できる(天然歯の60%程度といわれています。)

    【デメリット】
    治療の際、土台となる両隣の健康な歯を削る必要がある。
    土台になる歯に大きな負担がかかり、寿命が短くなる。
    保険適応の素材の場合見た目が良くない。
    ブリッジと歯肉の間に食べ物のカスなどがつまり、不衛生になりやすい。

  • 入れ歯

    【メリット】
    材質によっては保険適応での治療が可能である。
    治療期間にそこまで長い期間を要しない。
    自費診療の場合は、いくつかの素材の中で治療を選べるため、見た目や噛み心地など、患者様の重視する視点から治療提案が可能。
    自費診療などのものでは、バネが目立たないものもある。

    【デメリット】
    咀嚼能力が低く、食べにくい食べ物がでてくる。
    異物感があり、慣れるまで不快感がある。
    保険適応の場合は金属のバネが目立ちやすい。
    保険適応のものは口内にジャストフィットしにくい。

当クリニックのインプラント治療に対する考え方

術前のCT解析でより安全で安心できるインプラント治療を目指しています。
「インプラント治療を選択して本当によかった」と思われる治療を心掛けています。当クリニックでもインプラント治療を選択される患者さまが飛躍的に増えています。しかしながら、歯がなくなったからインプラントを入れるという単純な発想を持つことはとても危険なものだと考えています。どうして歯を失うことになったか?その原因を追及・解決せずに先には進めません。当クリニックではいくつかの条件がそろって、初めてインプラントを検討してまいります。

インプラント治療に対する
検討ポイント

  • 十分な診査・それに対する診断を行い、本当にインプラントが必要かどうかをよく吟味する。
    別の選択肢はないの?そのメリット・デメリットは?
  • インプラントはあくまでも治療の選択肢の1つであることをご理解いただく。
  • 埋め込むとなった場合は、可及的に少ない本数で最大限効果の出せる方法を検討する。
    (もちろん必要な場合は必要十分な本数は確保する)
  • 数ある手術手技の中で、出来るだけ痛くない、腫れない方法を検討する。
  • 埋入の前に、歯周組織やかみ合わせなどの環境を十分に整備しておく。
  • しっかりとメンテナンスに応じていただける患者さまにしか行わない。そしてメンテナンスには全力を注ぐ。

そして何より患者さまとのお話合いの時間を十分にとって、この治療を選択してよかったと思っていただけるよう、最善を尽くします。
※費用については、お気軽にお問合せ・ご相談ください。

メールによる
お問い合わせはこちら

徹底した衛生管理・二次感染の予防

滅菌済みのもののみを使用して手術します。
また、滅菌していても細菌の付着した手で触ってしまったら意味がありませんので、正しい手順に則して処置を行います。

徹底した衛生管理の中、主役のインプラントを
使いまわすということは常識的にはあり得ません。

インプラントをこれから埋入される患者さまにとって、衛生管理はとても重要な問題です。当クリニックでは、オペに使用する機器は全て滅菌済みのものを使います。
扱っているインプラントは、きちんと認可を受けているもので、使い回しなど一切しておりません。ご安心なさってください。
また、機器だけでなく、治療箇所に触れる可能性のあるものは全て滅菌して衛生面に最大限に配慮しています。

  • インプラント手術機器

    オペに使用する機器類は全て、完全殺菌されたパックに入っているものを患者さま毎に開封して利用。

    また、治療箇所に触れる可能性のあるものは全て完全殺菌されたものを使用しています。

  • 感染防止のための体制

    執刀医、手術第一助手、手術第二助手の3人体制で執刀します。

    それは、滅菌された無菌状態の手術用具の外袋にはどうしても若干の細菌が付着していますので、それを第二助手が袋の中身に触れないように開封し、執刀医に渡す必要があるからです。

世界最高品質のインプラントだけを使用

当クリニックでは、高品質なストローマン社とノーベルバイオケア社のインプラントだけを使用。
現在、全世界で100社以上のインプラントメーカーが存在するといわれていますが、当クリニックが使用している2社でインプラントの世界シェアの50%以上を占めています。

患者様の骨状態やその他の条件を考慮し、
適切な方をご提案します。

国産のインプラントを使わず、世界のトップシェアのインプラントのみを使用するのは、全世界での成績・評価・安全性が高いため、安心して使用できるからです。
また、生産量の少ないインプラントは生産中止になったり、修理不能の状態になる恐れもあるため、使用していません。

インプラント周囲炎を予防するためには、定期メンテナンスが大切

インプラントの成功には、手術完了後のメンテナンスが非常に重要です。

インプラントそのものは高い耐久性を備えており、むし歯になることはありません。
しかしながら、治療完了後のメンテナンスをきちんと継続するかどうかで、インプラントの機能が最大限に発揮されるかどうかが決まるのも事実です。

実際に、メンテナンスを疎かにしてしまうと、インプラント自体ではなく、その周辺にある歯肉・歯茎などに炎症が発生し、インプラント周囲炎などの様々な病気に発生する可能性が出てきます。
最悪の場合は、せっかく行ったインプラントが歯茎から抜け落ちてしまう可能性もありますので、しっかりと定期メンテナンスに通うことをお勧めします。

インプラント周囲炎を予防するインプラントメンテナンス

当院でインプラント治療を受けていただいた患者様には、専用のメンテナンス(PMTC)を受診いただき、インプラント周囲炎などが起きないように、予防管理を行っていきます。

PMTC治療について詳しくみる

インプラント治療の
料金表はこちら

FLOW

インプラント治療の流れ

  • 01しっかり診査・診断

    CTスキャン

    CTなどでしっかり診査・診断をして、患者さまに最適な治療プランを提案。また、手術の詳しい内容、治療期間や費用などご説明します。

    CTスキャンについて

    3Dシミュレーションシステム
    (Simplant)で正確に判断。

    CT撮影された画像をコンピューター上で立体化する3Dシミュレーションシステム。(シンプラントSimplant)
    この装置を使って、より正確に顎の状態を診断し、さらに、インプラント手術のシミュレーションを行って、適切な埋め込み位置を決定していきます。

    詳しくはこちら

  • 02インプラント手術

    患者さま一人ひとりに最適なインプラントを選択して、人工の歯根(しこん)を埋め込む一次手術をします。手術時間は、本数にもよりますが30分~1時間程度です。局所麻酔をして手術しますので、痛みは感じません。それでも、少し不安、恐い・・と思われる方は、静脈内鎮静法で手術を受けることも可能です。
    個人差はありますが、術後は簡単な抜歯程度の痛みで、ほとんどの方は1~2日で楽になったといわれます。

  • 03人工歯の取り付け

    インプラントが顎の骨に結合するまで、1.5~6ヶ月ほど経過を見守ります。(ほとんどのケースで2~3ヶ月程度です)
    その後、場合によっては人工の歯根を歯肉の上に露出させる2次手術をするケースも。
    人工の歯根に土台を固定し、セラミックなどの人工歯を取り付けます。

  • 04インプラントのメンテナンス

    治療後はご家庭でも正しいケアをお願いします。また、定期的な歯科クリニックでのケアも大事です。ずっと良好な状態を保つためには、3~4ヶ月に1度の定期検診とケアを続けていきましょう。
    もちろん、ご自身でのセルフケアも非常に大切になりますので、ご自宅での歯磨きなどもしっかり並行していきましょう。

CASES

インプラント症例集

例:残ってる歯を助けるために…。

向かって右奥に入れ歯をいれると、欠損している横の歯に負担をかけることになり、歯が弱ってしまいます。
そして十分に満足な咀嚼は期待できません。
インプラントを応用することにより、歯は守られ、左右でしっかりと噛めるようになられました。

治療前
治療後
治療後
リスク:疼痛・咬合時痛・冷水痛・出血・インプラント手術による歯ぐきなどの損傷・インプラント周囲炎など
費用 :セラミッククラウン治療65,000円~、インプラント治療400,000円~

例:たった1本とは思わないで。

ブリッジ→小さな部分入れ歯→大きな部分入れ歯→総入れ歯と、すべては1本の欠損から始まります。写真の患者さまは、向かって左の奥から3番目に1本だけ、インプラントが入っています。ほとんどの歯がとても健康な状態で残っていましたので、歯を削ってブリッジにすることは抵抗がありました。そこで、インプラントに。他の歯を守るためにも、欠損が小さいうちにリセットすることがとても大切だと思います。

リスク:疼痛・咬合時痛・冷水痛・出血・インプラント手術による歯ぐきなどの損傷・インプラント周囲炎など
費用 :インプラント治療400,000円~

例:全部歯がなくなっても…方法があります。

歯が全て抜け落ちたり、上下どちらかだけ多くの歯が残ってしまった場合、総入れ歯は安定しにくく、なんでも食べられる入れ歯を作ることは困難です。
本数は増えますが、インプラントは患者さまの満足度はとても高い治療法といえます。なお、このような処置の場合、手術当日に仮歯を入れることも可能です。

リスク:疼痛・咬合時痛・冷水痛・出血・インプラント手術による歯ぐきなどの損傷・インプラント周囲炎など
費用 :インプラント治療400,000円~

例:何とかして自分の歯を残そう

左側の歯を残すことにこだわったおかげで、インプラントは1本で処置を終えました。
インプラントは第2の歯としてとても有効な手段ですが、まずは自分の歯を残すということを考えていきましょうね。

リスク:疼痛・咬合時痛・冷水痛・出血・インプラント手術による歯ぐきなどの損傷・インプラント周囲炎など
費用 :インプラント治療400,000円~

インプラントのQ&A

今までブリッジを入れていたのですが、インプラントに変えてもらうことはできますか?
可能かどうかは実際の症例を見てから判断させていただきますが、適応症例であれば可能です。ブリッジでは両端にある歯に負担が大きくかかってしまいますが、インプラントではその負担はなく、欠損部位の周囲の歯を長く持たせることにつながります。
インプラントと入れ歯ではどういった違いなどあるのでしょうか?
インプラントと入れ歯の大きな違いに、噛める力(咀嚼力)というのがあります。
もともとのご自身の歯で噛める力を100%とすると、インプラントでは90%近くで維持できるのに対して、入れ歯ではおよそ30%といわれています。
より食事をしっかりと楽しみたい方にとっては、噛める力というのは大切になりますので、そういった患者様はインプラント治療を望まれる方も多いです。
手術は身体に負担の大きいものでしょうか?
インプラント手術に関しては、できる限り体に負担がかからないように、手術の時間や回数には配慮して行っています。もちろん、体調などのすぐれない状態でインプラント手術を受けていただくことなどはありません。
手術の際はどのような麻酔を行うのでしょうか?
当院では患者様への負担やストレスをなるべく減らすために、笑気吸入鎮静法を導入しています。もちろん、手術中は麻酔が効いていますので、痛みのご心配はございません。

PRICE

インプラント料金表

インプラント1本(上部構造込み) ¥400,000~
サイナスリフト(消費税抜き) ¥150,000~