1. あおき歯科クリニック
  2. 歯の治療について
  3. 症例紹介
  4. 上顎で骨が足りないときは? Part1

症例紹介

症例紹介

リラックスし、安心して診療していただけるようにいろいろな治療方法をご紹介しています。
上顎で骨が足りないときは? Part1

上顎洞とか副鼻腔とか聞いたことはありますか?
蓄膿症は?上あごには空洞があるんです。蓄膿症で膿がたまるところです。
上の奥歯にインプラントを計画するとき、しばしばこの空洞が問題になってきます。
何も考えずにここをインプラントが突き抜けてしまうと感染を起こしてしまうかもしれません。
左の写真をみると、インプラントを植立するにはどうしても骨が足りないように思えますよね。
このような場合には様々な処置方法が存在します。
この症例では出来るだけ外科的な負担が少ない方法で、右写真のように足りない骨を補っています。ソケットリフトと呼ばれる方法ですが実は多くの術式が存在します。
痛みや腫れや恐怖心を最小限に抑えられる術式を選択したいものです。

もちろんもっと骨が少なく、このような方法が選択できない場合はサイナスリフトと呼ばれる
方法を行わざるを得ない場合もあります
また症例をお見せしながら紹介していきますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加